地上子(列車通過検出装置)の作成(1)・・通過検出の方法
01/08
図1
図2
図1は、レール近くに燐青銅などで作った接触端子を
設置し、通過列車の金属車輪が作る閉回路を利用
して列車の通過を検出します。 
この方式は、レールや端子の汚れに弱く、端子接触時に、
車輌の脱線を誘発し易いなどの問題が有ります。


図2は、列車走行用電源回路の途中に、数オーム程度の抵抗を
入れ、この両端に生ずる電位差から列車通過を検出します。
ただ、電位差がミリボルト単位と小さく、通常は増幅回路が必要で、
抵抗値が大きいと、その区間通過時の列車速度が ガクンと落ち、
不自然感が生まれるなどの欠点があります。
図3
図4
図3は、発光装置からの光が、列車により反射、または
遮断される事から、列車の通過を検出しています。
この方式は、機械的な作動が無く、耐久力は抜群です。
しかし、投光・受光装置を車体と同じ高さに設置する
必要があり、装置の存在が目立ち、ジオラマの雰囲気を
損なうのが欠点となります。
図4は、列車車体に取り付けた磁石の磁力線が、線路内の
磁気検出装置を動かす事から、列車の通過を検出しています。
この方式は、機械的な作動が無く、耐久力は抜群であり、
かつ、装置の隠蔽が容易である利点があります。
しかし、磁力線の検出装置の作製に手間取るとの欠点が残ります。