レイアウトにはデジタル制御が必要(1)・・電線ジャングルの解消
01/03

鉄道模型の世界には、
    
レイアウト(ジオラマ)に完成なし
という格言があります。

線路と駅が出来て、列車が走り出すと、
信号機を付けたくなり、信号機が付くと、踏切が欲しくなり、
警報機と遮断機を増設、踏切が終わると、駅には
留置線が必要だとして、工事が始まる・・・のように、常に、
どこかで、何かの変化が続くものなのです。

このような場合、一番困るのは、こうしたレイアウト機器と
運転台とを結ぶ電線の処理です。  
運転台の裏には、各装置からの電線が集中し、電線の
ジャングルが出現します。 このため、新たな工事が
終わる度に、暗くて狭い運転台裏に潜り込み、電線の
ジャングルを掻き分けての作業に苦労することになります。

こうした作業を避けるには、
デジタル制御が最適です。
後で詳細を述べますが、デジタル制御では、一本の電線で
軽く、256種類の信号が送れるので、線路沿いに信号を
運ぶ電線を敷いておけば、運転台裏の電線シャングルは
消滅し、増設した装置を現場に設置し、近くの信号線に接続
するだけの作業で、即座に稼働させることが可能となります。
信号機やポイントなどが増えると・・
運転台には、大量の電線が集まってくる。