運行制御装置(2)・・@プッシュ・ボタン方式制御盤

ワン・レバー方式制御盤を使って
判ったのですが、速度の微妙な増減を
必要とする場合・・例えば、駅での停車
とか、ポイントを通過する時・・には、
バーを「減速」・・「持続」・・「減速」・・
などと、細かく頻繁に切り替えますが、
レバー式は、このような操作には、向いて
いない事に気が付きました。

そこで、レバーをマイクロスイッチに
代え、各スイッチに、
@加速・減速ボタンは、押されている間は
  加速・減速信号を作り、ボタンが戻ると、
  即時に「持続」信号作成に変わる
A停止ボタンは、即時停止となる
という機能を持たせました。

運転士席の雰囲気が、玩具めいて来る
のが、残念なのですが、操作性は格段に
向上しました。
それに伴い、同時運転可能な列車を
3本に増やしたいと思い、ポータブルの
操作盤も作りました。
プッシュ・ボタン方式制御盤
増設したポータブル操作盤
01/04