運行制御装置(1)・・@ワン・レバー方式制御盤

制御レバーは、4接点のロータリー
スイッチを使用。 バーの位置に
応じて列車は次のように動きます。

加速 列車は毎秒ほぼ10%の割で自動的に
    加速する。 このため、列車が停止
    していたとすると、約10秒で全速走行
    となる。
持続 その時の速度を持続する。
減速 同じく、毎秒10%の割に自動的に
    減速し、最後には停車する。
停止 非常停止で、即時に停止する。

写真の「始発時補正」スイッチは、起動特性の悪いモーター
使用の列車に、始発電圧を変えたり、瞬間的な高電圧を
与えて、スムースに発車をさせるための調整回路のもの。
ただし、現在試験中のものなので、本稿での報告は省略
しました。
                                    
制御信号は8ビットで、各ビットごとの
使用区分は右のとおり。

つまり、理論的には・・長い線路があれば・・
同時に7台の列車を同時に運転することが
できる。

01/03