車載用・パルス生成回路(1)・・加・減速の自動化

列車のモーターをパルス駆動する場合、パルスの通電率(duty ratio)を変えると、モーターの
回転数も変わるので
(モーターのパルス駆動とは 参照)、列車の速度を制御することができます。
そこで、どんな方式で、この通電率を変えるのが良いのか・・コントローラを動かし段階的に
変えるか、または、加速・減速と命ずるだけで、実際の変化を自動的に行わせるのが
良いのか・・などを実際に試してみました。
手動で速度を変える運転台

自動で速度を変える運転台

運転台の加速レバーを カチッ カチッ と動かすと、通電率
が0%,20%,40%,60%,90% のように段階的に変わります。
この方式は、レバーを動かすたびに、列車が、グィッ グィッと、
目に見えて速度が変わるので、自分が列車を自在に操縦している
との実感と満足感が味わえます。
しかし、低速運転時の変化が激しく、ホームに入った列車を
止めようとすると、ガクン と止まってしまうのが、どうにも
気になります。
レバーを加速に入れると、「加速せよ」との信号が送られます。
すると、受信側のマイコンが、「現況を持続せよ」との指示が来る
まで、通電率を自動的にジリジリと増加させます。
減速時も同様で、最高速度で走行中でも、「持続せよ」との
指示が来なければ、約10秒で停車するに至ります。
この方式では、列車の直接駆動感は乏しくなりますが、速度の
変化率が緩やかなので、低速運転のスムースな制御が得やすい
との特徴があり、現在では、大名鉄道の標準方式となっています
01/03