車載用・赤外線受信回路(1)・・全編成の概要
新赤外線の列車は、この写真で見るように、信号を受信し、走行用のモーターを回す動力車と、
リチュウム電池を載せ、動力車に電力を送る電源車の二輌連結が、基本編成となっています。

動力車に搭載する制御基板は、
  赤外線受信・解読 + 駆動パルス生成 + モーター駆動回路
の3回路から成り立っています。 
以後、この各回路の配線図・プログラムなどを説明します。

          なお、写真では電源電圧監視回路も搭載してありますが、これは、試作回路で経過観察中のため、
          今回の報告からは除外しました。

01/04