モーターのパルス制御とは(1)・・基礎的検討
通常、模型列車の速度調整は、レールに
流している、走行用電源の電圧を変える
事で行なっています。

この方法は、回路の構成が簡単で使い易いのですが、
電圧を落としての低速運転が難しく、
  駅ホームに、静かに停車しようとすると、バタッと急停止で
  止まってしまったり、
  駅から発車しようとするのに、なかなか動かず、やむなく電圧を  
  少し上げたら、ロケットのように急に飛び出したり・・
などの場合が多く、運転士は苦労をするものです。
そこで、最近、多く使われるようになった
のが、モーターのパルス制御です。

この方法は、低速運転時でも、モーターに高い電源
電圧が与えられるので、牽引力が強く、
停車時・発車時のトラブルが減る・・との利点は
有るのですが、回路がやや複雑になる事に加え、
パルスを どのような形で与えるのが良いのか・・
などの資料が乏しく、困惑するものです。

そこで、少し 調べてみました。 
次頁以降は、その報告です。
なお、右の動画は、その一部を記録したもので、
参考資料として添付しました。
01/04