試験信号送信機(1)・・必要性

当たり前ですが、赤外線は目に見えません。 
ですから、送信装回路や受信回路を組み上げて、それが正常に働いているのか、
どうかを確かめ事が出来ません。
そこで、他の装置を作る前に、
  @試験信号送信機・・任意のデータを赤外線通信として送信する、
  A赤外線信号モニター・・どんな信号が来ているかを表示する、
テスト装置を作りました。

試験信号送信機・表面 試験信号送信機・前面
   
   
このような装置を作ると、どんなケースに
収納しようかと悩むものです。
そんな時、100円ショップの「お弁当箱」を
探すと、便利です。
試験送信なら赤外線LEDは1個で十分ですが、
その後、必要があって2個増設しました。  
左の赤・黒の端子は赤外線通信関係では
使わないので、ここでの説明は省略します。
01/03 クリックすると、目次ページに移ります。