赤外線制御を使うには(1)・・方式の選択

大名鉄道・新赤外線では、赤外線制御を導入するに際し、次のような事項を検討しました。

検討事項-1 無線通信制御(ラジコン)との比較。

       レールに電気的依存をしていない列車に対する制御方法としては、
       無線通信
(ラジコン)を使う、赤外線通信を使う・・の、二種類が考えられます。

       このうち、赤外線通信方式には、信号の指向性が強く、トンネル内などで
       無信号域を生じ易い・・との欠点は有りますが、
         @高周波を扱う無線通信方式に比べ、送・受信の構造が簡単である、 
         A必要部品が広く市販されており、通販
(註)などで安価に入手できる、
         Bこのため、必要な機能、外形寸法の装置を自作することが可能である、
       などの利点があるので、赤外線制御方式を使う事にしました。
                                    
(註) 例えば、秋月電子通商ほか。


左 無線通信方式(ラジコン)の部品例
     コンパクトで綺麗にまとめられている。 
     表面実装用のバーツを多用しており、
     このような形での自作は困難。

右 赤外線通信方式の部品例

     部品単価は100-200円程度と安価な物が
     多い。 しかし、手作りとなると、ハンダ
     付けなどの技術と根気が必要となる。

            なお、余談ですが、必要装置の部品を あれこれ工夫しながら ハンダ付けして組み上げて
            いく工作も、楽しいものです。
            模型列車の運転、ジオラマの設計、電子部品の組立・・どれも面倒な事ではありますが、
            楽しい事は、多いほど良いものです。
01/03