新赤外線の基本構造(1)・・列車編成

新赤外線での列車は、赤外線通信を受信する「制御車」と、
電源を載せた「電源車」を連結させたものを基本編成としています。

制御車

制御信号の受信と
モーター駆動用の
パルスを作り、
列車運行を制御
しています。
電源車

リチュウム電池を
載せ、受信と
モーター駆動の
電力を供給
します。
  制御車と電力車は、固定連結 
されて、《動力車セット》となります。

  ひと組のセットが完成すると、 
何時間かの試験走行を行い、 
「制御車」と「電源車」の
相性を確認します。
機関車牽引の
列車では、基本
編成が3輌と
なります。
 2/20